旅の写真
by mo-ri-photodiary
尾道水道の朝
昼間とか夕方にしか来たことがなかった千光寺公園展望台。
朝日を浴びる尾道水道はいつもと違った色彩でした。
e0156193_9242733.jpg
e0156193_9245869.jpg
e0156193_9253056.jpg
尾道の日常の足である渡船は日の出前からひっきりなしに行き交います。
[PR]
# by mo-ri-photodiary | 2009-11-23 09:27 | trip
路地
狭い路地が多いのが尾道の魅力。
e0156193_9553144.jpg

この狭い路地ができる理由は日本人であるがゆえって感じがする。
まずは自然に従うこと。地形なりに工夫して家を建て最低限の道を作る。
e0156193_9562918.jpg
山を崩して住みやすくという発想は本来の日本人にはない。
e0156193_9573599.jpg

そして和があること。これだけ狭い所に住むと隣やお向いさんとの距離はほとんどない。
e0156193_9585031.jpg

近所同士の和がないと暮らせないだろう。
この2つの日本人的なものが感じられるからこそ何度も尾道に来てしまうんだろーなー。
e0156193_9595211.jpg

[PR]
# by mo-ri-photodiary | 2009-11-21 09:53 | trip
魅力
尾道には不思議な魅力があります。
e0156193_2351244.jpg
e0156193_2375362.jpg
艮(うしとら)神社
e0156193_2383458.jpg
惹かれる理由はなんとなくわかるんだけどうまく表現できないなー。
[PR]
# by mo-ri-photodiary | 2009-11-19 23:10 | trip
べっちゃー
ようやく尾道のべっちゃー祭りをみることができた。
e0156193_1003816.jpg

尾道の街中をベタ、ソバ、ショーキー、獅子舞、みこしが練り歩きます。
e0156193_1035567.jpg
髪が怖いベタ
e0156193_106672.jpg
白くてなんかかっこいいソバ
e0156193_1062581.jpg
派手なショーキー
e0156193_1064390.jpg
獅子

この4人(匹)の妖怪(神様?)が尾道の街を練り歩き手にしたささらや祝い棒で子供たちをつついて回ります。子供からすれば恐怖?のお祭りで祭り行列の最前線では子供たちが逃げ回ってるし悲鳴はあちこちであがってるし見ていてすごく楽しいお祭りです。
べっちゃー祭りのおかげで尾道の良さを改めて知ることができました。
[PR]
# by mo-ri-photodiary | 2009-11-17 10:14 | trip
日の出はいいですね。
瀬戸内海ってどこから見ても絵になるというか美しい風景ばかりです。
e0156193_223541.jpg

[PR]
# by mo-ri-photodiary | 2009-11-14 22:03
誇り
その誕生の背景や高度な造船技術を知ることができる。日本の技術力の高さは戦後培われたものではなくずっと以前から持っていた民族的特徴であることがよくわかる。その名前とともに誇るべき日本人の英知の結晶が大和だった。
e0156193_11221581.jpg

そして悲劇的な最後の海上特攻。無謀とか無能な司令部の作戦などと単純な言葉では決して表わすべきではない背景や日本人の思いがあったことに感動する。
e0156193_11225662.jpg
先人の残してくれた多くのモノや思いに感謝。
[PR]
# by mo-ri-photodiary | 2009-11-13 11:24 | trip
ヒロシマ
学生時代に住んでいながら当時はほとんど足を運ばなかった場所へ。
少ないなりに人生経験を積んでからこういう場所を訪れるのはとても良かった。
e0156193_10533741.jpg

今の繁栄を謳歌する我々はここでの出来事を詳細に知る義務があると思う。
ただ誤解を恐れずに表現すればこの出来事は結果であり同時にその経緯を知ることを怠ればそこらへんによく居る底の浅い平和主義者になってしまう。
e0156193_1118882.jpg

仕事などで外国人と接する機会が多くなった昨今。外国語をしゃべる以前に日本人として勉強しなければならないことが多くある。外国語を使う能力なんて交通ルールを覚えるのと同じくらいレベルの低い話なのだ。言葉は頭の中の考えを伝えるただの共通ルールに過ぎない。こういう機会を通じて日本のことをもっと知るべきだと思った。
[PR]
# by mo-ri-photodiary | 2009-11-11 11:14 | trip


以前の記事
2009年 11月
2009年 10月
2008年 11月
2008年 10月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧